ボディメイクシート スタイル 口コミ 痩せる

美姿勢を目指してボディメイクシート スタイル(STYLE)を買って一月、その結果を紹介します!

わたくし、金型屋でCAD/CAM(設計など)業務をやってるので仕事してる間は同じ椅子にずっと座りっぱなしなのですが、

 

小さな会社なので椅子が20年モノのヴィンテージ品(笑)で今まで様々なクッションを駆使して座り心地を改善してきました。

 

前々からMTGというところからカップ型の座布団?
が売られてたので気になってたのですがその値段に尻込みして手を出せないでいました。

 

ですが姿勢の悪さで首の筋肉がピッキーンとなって首が回らなくなってしまい、同時にずっと胃の調子が悪かったので思い切ってボディメイクシート スタイル(STYLE)を買ってみました!

 

買った先はこちらの公式サイトから購入しました。


 

 

2017年06月現在で使用1ヶ月弱です。

色々なところで売ってますが類似品も多いそうでニ〇リなども類似品をだしてましたね。

 

別のホームセンターの売り場に試し用にスタイル(STYLE)置いてあったのですがその性能は歴然でした。

 

ニ〇リ製は男性の骨格には柔かったようで簡単に広がってしまってあまり効果は感じられませんでした。

 

となりのMTGのスタイル(STYLE)に座ったらまず強度が全く違います。

 

ランバーサポートのような左右の背もたれ部分が骨盤の上側をしっかりと支えてくれて骨盤が立って強制的に良い姿勢をとらされます

到着したときの商品パッケージからみてみましょう。

でっかい段ボールで来たのでちょっとびっくりしました。

 

輸送費ヤマト運輸の一般的なサイズの最大サイズ(三辺の合計が160cm)だとおもいます。

 

でもよく考えたら立体整形された大きなクッションだと思い出しこの体積も納得。

 

送料無料だけど送料かかってたら2000円くらいかかってそうなので助かりました!

 

中身を出すとこんな袋に入ってます。

 

商品パッケージ

 

不織布と透明なビニールに手提げが付いてて大型店舗で買った時などは便利ですね。

 

パッケージのまま自宅の椅子に置いてみたところ。
商品パッケージ2

 

でもパッケージがシンプル過ぎて気になる方も居るようですね。

 

値段の割にちゃんと箱に入って欲しいと思う方も居るようです。

 

私はシンプルでゴミが少なくて捨てる手間も減って良いとおもいましたが…。

 

袋も丈夫な不織布とビニールでできてるのでちょっとやそっと持ち運んでも破けることはないと思います。

 

袋を保管しておけばあとで持ち運びも楽になるので仕舞っておきました。

スタイル(STYLE)そのもをすこし詳しくみてみましょう!

スタイルの裏の商品タグです。
商品タグ

 

構造部材:PP(ポリプロピレン)
クッション材:ウレタンフォーム、EVA樹脂
生地:ポリエステル92%、ポリウレタン8%

 

素材をみるととても丈夫そうです。

 

ちょっとプラスチックのマニアックな話になりますができるだけ一般の方にもわかるようにしたいとおもいます。

 

まずは構造部材のPPことポリプロピレン(以下PP)

 

とてもポピュラーなプラスチックで100円ショップのタッパーから自動車の内装品など色々な生活用品に使われています。

 

一口にPPと言っても品質や添加剤で強度や対候性など様々なグレードが存在します。

 

中でも自動車の構造部品に使われるような素材ならその強度と耐久性は同じ重量の金属よりも優れる物もあります。

 

ある程度の変形に対しても復元性が高いので金属のように何回も変形して折れてしまうようなこともほとんどありません。

 

ただし、長い目でみるとプラスチックなので空気中の酸素や光によって劣化するので特に日光は避けた方が良いかもしれません。

 

この部分がかなりしっかりできてるので基本的なサポート力が落ちることは少ないと思います。

 

クッション材のウレタンフォーム

 

ウレタンフォームも今では日常的によく接するクッション材ですね。

 

自転車のサドル、車のシート、椅子のクッションなど比較的座る回数が多くヘタリを抑えたい箇所に多く使われる素材です。

 

フォームと言う通り細かい発泡スポンジのような素材で、長期間の繰り返しの圧縮にも耐えてヘタリが少ないので長持ちする素材です。

 

同じくクッション材のEVA樹脂

 

EVA樹脂も同じく日常的に良く見る素材で、クロックスのサンダルやお風呂マット、運動靴のクッション材などに利用されています。

 

特に衝撃吸収力があって耐久性もあるので靴のソールや子供用車のタイヤなど様々な衝撃から私たちの体を守ってくれています。

 

生地のポリエステル

 

安めの合成繊維製の服ならほぼ間違いなく使われてる素材ですね。

 

シワになりにくかったり耐久性が良いのでワイシャツやブラウス、作業服などで良く使われてる繊維ですね。

 

また吸湿性も少ないので長時間座って多少汗をかしてもさらっとした触り心地にしてくれるでしょう。

 

但し毛玉ができやすい繊維なので長期間使ってると毛玉が出来てくるので注意しないとみすぼらしく見えてしまうかもしれませんね。

 

同じく生地のポリウレタン

 

この生地はポリエステルに混ぜることによって伸縮性を持たせるために混ぜているのだと思います。

 

このポリウレタンは耐久性が3年程度と言われていますので2〜3年ほど使ったら表皮になんらかの劣化が見られるでしょうか。

 

 

 

材料だけをみたところで個人的な感想を言いますと。

 

一番大切なPPの構造材からクッション、表皮まで大きな弱点もなく適切な環境での使用ならば3年は使える素材でできていると私は思います。

 

(※3年の使用を保証するわけではなくあくまでも個人の憶測になるので如何なる苦情にも答えかねます。)

 

 

なので私の使い方で、購入金額の8424円を3年でペイできるのかどうかがこれからの一つの指標です。

 

整体院やマッサージが一月に3000円くらいかかっているので3年間で3回分以上減れば節約にもなります!

 

いま文面を書いてると確り効果を出してくれれば、これは意外と早いうちに元がとれそうな予感です!

 

6月は背中の痛みで近所の整体院に行ってしまったので効果はまだでてないのかな?

今更ながら使用一月目の感想を。

使い始めて2週間するくらいまでは良い姿勢を維持することそのものが疲れてしまうようです。

 

取り扱い説明書にも最初は1回15分くらいから続けて様子を見るようにと書いてあります。

 

私自身も毎回座り始めの1時間は姿勢がよくなって頭がスッキリして気持ち良いのですが、2時間もすると腰回りの筋肉が緊張して疲れてるのを実感します。

 

4週目の今でようやく半日程度座っても平気になりましたが時々スタイルを外してだらっとした姿勢に変えて緊張をほぐしたりしてますw

 

効果のほどとしては仕事終わりに歩いてると右足の付け根に静電気のような痛みが続いてたのですがそれがいつしか無くなりました。

 

整体院では身体が歪んでる証拠だと言われていたので体の捻じれがとれてきたのかな?と思っています。

 

こんど整体院に行ったらきいてみようかと思います。